Rails-Tereo Profile

モリカワヒロシ(Keyboards & Vocal)のソロユニット。

大阪府枚方市出身、鳥取県鳥取市在住。

幼い頃から、箏・三味線奏者の母と、洋楽&ラジオ好きの姉の影響を受け

3歳からピアノを始める。中学生の頃にラジオから流れてきた布袋寅泰の音楽を聴いて衝撃を受け、作詞・作曲を始める。高校時代は3年間休むことなく友人たちと宅録でデモテープを作り続ける。

 

音楽大学の作曲科に入学。FM802でスガシカオ氏が担当していた番組内で

自身の楽曲を紹介してもらったことをきっかけに、プロを目指す。

大学卒業後はタワーレコード梅田店マルビル店にて3年間音楽修行を行い、

音楽を聴き漁る。その後フリーとなり、何度かメジャーデビューのきっかけがあったが、制作方針について折り合いがつかず実現せず。

その後、CM制作会社に就職、結婚し、一児の父となる。

2006年、自身のレーベル「ミュージックワンダー」を立ち上げ、

Rails-Tereoとして活動を開始。

2010年 2nd Mini Album『Song Lights』が音楽関係者の間で話題となる。

2011年 1st Full Album『Pop Sings Pop Things』ではZ会、イオンバイク、徳島文理大学など、1枚のアルバムから5つのCMソングが誕生する。

2012年 2nd Full Album『Piano Pop Life』収録の「走り出す」が全国ラジオ24局でパワープレイを獲得、関西テレビ「ハピくるっ!」ED曲に抜擢。

2014年 3rdアルバムの制作と並行して、FM岡山「牛嶋俊明ドリームファクトリー」で1年間、毎月ラブソングを書き下ろす企画を行い、12曲を書き上げる。

佐藤竹善(Sing Like Talking)や広沢タダシとの共演を始め、スガシカオのオープニングアクトなど、ライブパフォーマンスにも定評がある。

© 2008-2018 by Music Wonder